業務を効率的に行なうためにも電子カルテを取り入れよう

お店を開くための手順

カフェを開業する際に重要なのがお店のコンセプトです。カフェといってもさまざまな種類がありますが、その種類の中から特色のあるものを選ぶことで他店との差別化が可能になります。またお店を開業するためには所轄官庁への届出も必要になります。

カルテ電子化のメリット

オフィス

一元管理で医療業務効率化

一般企業ではコンピュータシステムを利用した効率的な業務手法が主流となっており、扱う書類もペーパーレス化が進んでいます。取り扱うデータを電子化することによって業務効率が大幅に向上するため、人件費の節約という観点でもコンピュータシステムのメリットは小さくありません。総合病院やクリニックなどの医療機関でもレセプトコンピュータが多く導入されている他、検査依頼書や処方箋など医療事務に相当する分野の多くも電子化されてきています。一方ではカルテと呼ばれる診療記録の電子化は比較的遅れており、依然として紙のカルテを使っている医師は少なくありません。それでも電子カルテ導入の動きは新規に開業する医療機関を中心に拡大の動きが見られ、医療業務に革命をもたらしつつあります。特に都市部でクリニックを開業する場合は限られた敷地を最大限に活用する必要も出てくるため、電子カルテを導入することでカルテ収納棚が不要になるのは大きなメリットです。電子カルテの特長は単に紙のカルテより収納性に優れるだけではなく、検索性の高さや他のシステムとの連携が可能な点にも及びます。現在ではレセプトコンピュータと連携して医療事務を効率化できる電子カルテも増えており、受付での会計業務や処方箋との連携で患者の待ち時間も短縮されます。病院内にネットワークを張り巡らせれば、診察室だけでなく検査室などあらゆる場所で電子カルテが利用できるようになるのです。電子カルテが開発されてからある程度の年月が経過し、医師の側からの要望を受けて操作性の点でも改良が進んでいます。最近では紙のカルテに近い感覚で操作できるタッチパネル式のタブレット型電子カルテも登場しており、コンピュータ操作に不慣れな医師からも人気を集めています。すべての情報を一元管理することで医療業務が効率化されれば、ハードな勤務を強いられがちな医師や看護師の負担も大きく軽減されるのです。

飲食店開業のコストダウン

業務用食器を導入すれば飲食店の開業コストを節約できるだけでなく、店舗のイメージ一新にも効果的です。ネット通販業者を利用すれば、業務用食器の購入履歴が残せるため、管理や補充が容易になるというメリットがあります。

営業の仕方

現在ではインバウンド営業と呼ばれる営業手法が注目を集めています。インバウンド営業とは消費者に購買を求めるのではなく、関心を持ってもらえるように行う営業のことです。WEBコンテンツの発達によりこういった営業も行い易くなりました。